01

全世界の人々は中国経済の奇跡や北京オリンピック開会式の盛大で完璧な素晴らしさに注目し、中国語学習がマンハッタンの家庭の子供たちの夏休みの課題となり、この長く注目されることのなかった東方言語-中国語が、再び今、世間の注目を集めるようになりました。

02

最初の中国語教育は1956年、何景賢博士(Dr.Marvin Ho)とキリスト教長老会牧師Rev.Egbert.W.Andrewsによりアメリカのニュージャージーで「キリスト教言語学院(MissionaryLanguage Institute)」としてスタートし、同年9月には台北校が設立されました。当初の教育目的は台湾に来た宣教師の切迫したコミュニケーションのニーズがメインで、中国語学習を通して、台湾に来た宣教師が台湾生活に早くとけ込み、奥深い中国文化を理解することが目的でした。しかし学習者たちの口づてで、生活に密着し優れた教学が広まり、学生が次々に加入し大きくなり、宣教師以外の身分の学生もいたことから、1958年にTaipei Language Institute台北語文学院(TLI)に改名し、宣教師に限ることなく、外国人の中国語学習の重要機関となり、また、世界初の中国語教学学校となりました。

03

TLIは外国人に中国語を教えるだけではなく、英語・日本語・ロシア語・フランス語・スペイン語・イタリア語などの語学教学も行っています。TLIオリジナル教学方式・カスタマイズされたカリキュラム・厳格に科学化系統化された評価システムなどの統合や、豊富で多彩な文化体験コースにより、全世界の30万人に及ぶ校友を育て、アメリカンエクスプレス・ヒューレットパッカード・IBM・インテル・フランスのラファイエット・LVMH・ドイツのバイエル・シーメンス・英商石化・クレディスイス・韓国のサムスン・LG・日本の三菱・三井・伊藤忠・住友・トヨタ・ホンダなどの種々の大企業と協力し、エリート社員の系統的語学訓練コースを実施しています。

04

TLIの優秀な教学能力は国内外のトップレベルの人々や機関から承認され、1959年に米国国務省と20年に及ぶ訓練契約を結び、台湾に住むアメリカ人外交官やアメリカ軍顧問グループの訓練を請負いました。1976年には教育部により「中華語文研習所」に改められますが、TLIの英語名称は変わりませんでした。多くの人脈やブランド力でTLIは外に向けて拡大し、1996年から、専門講師・カスタマイズされたカリキュラム・学生の異なる資質に合った系統的教学などにより、北京・上海・東京・トロント・香港・ニューヨーク・サンフランシスコ・ニューデリーなどに分校を開き、そのサービス対象は各国大使館や一流多国籍企業の幹部などを含む世界中のシニア専門家たちへと広がりました。TLIは単に語学教育に重点を置くだけではなく、さらに中国民俗芸能コンテストなどの活動を行い、生活文化の全く異なる外国人に中国文化を深く体験させ、語学というツールを用いて中国文化を欧米に広め、中華文化の広大な美を伝えています。

05

60年の開発と戦いを経て、TLIは既に健全で大規模なグローバル教育を構築していますが、本来の語学教育事業から、多様な教育分野・芸術文化公演・翻訳や出版・IT産業・医療技術・金融や不動産・国際貿易などの総合事業へとアンテナを伸ばし、全く新しいTLIグループの顔を現しています。台湾の地に立ちながら全世界に目を向け、専門的かつ実行力あるエリートグループを形成し、永遠に続く多国籍企業を目指します。新CEOの何再生(創始者の息子)の舵取りにより、TLIは新しいターニングポイントを迎えました。中国人の視点から、全く新しい教育メディアを構築し、多方面に渡る改革を進めています。スピーディーで便利なクラウドサービスを利用し、学生に多様でタイムリーなインターネット学習を提供するとともに、当グループのリソースを統合し、教学と財務情報を結合させた全く新しいメディアプラットフォームを開発しました。中国人の専門化する文化要求に対応し、より正確にアップグレードし、中国文化の宣揚と人類平和を求める創始者の主旨を呼びかけることで、TLIは次の60年のための企業の礎を築きます。