TLI-CPTTLI-CPT中国語能力検定試験の紹介

「TLI-Chinese Proficiency Test」は1980年に打ち出された後、全世界のTLI分校や国際企業委託試験評価を受け、ヨーロッパやアメリカ、アジアの1万人もの人が受験しました。試験内容は時間や環境の変化に応じて絶えず改訂を行っています。

「TLI-CPT」はTLI試験研究開発センターにより中国語を母国語としない人を対象として作られた標準テストで、生活やビジネスなど様々な場面におけるコミュニケーション能力や職場で与えられた任務を達成できるか等を総合的に評価します。このテストはリスニング、リーディング、口述試験の3つの部分で構成され、試験の難易度により初級・中級・上級の3つに分かれ、更に各級は3つに細分化され、合計9つのレベルで評価されます。受験者は繁体字と簡体字のどちらかを選ぶことができます。いつでも個別試験を受けることができ、国内外のTLIでお問い合わせや申し込みを受け付けています。

    「TLI-CPT」試験に合格すると、合格証書が発行されます。これは次の用途で使用できます:

  • 1
    国際ビジネスにおける中国語能力の
  • 2
    国内外TLIでのクラス分けの際の評価基準
  • 3
    国内外の各種中国語学習機関における中国語能力評価基準

TLIは60年以上の歴史を持つ国際的な言語教育および評価監督機関であり、外国大使館や国際代表機関、大手商社、マスメディア、宗教団体、外国人学生など多くの人が「TLI-CPT」試験を受験して合格証書を手にしています。

TLI Chinese Proficiency Test は信頼できる標準テストの1つです

試験の特色と内容

「TLI-CPT」は「TLI言語学顧問会」が中国語専門家と協力し、各種検定試験の長所短所を参考にして6年の研究開発期間を経て打ち出した試験で、問題試作から試験、評価、説明、結果分析まで、国内外で10回の模擬実験を経て厳しく改訂が行われました。試験内容は多方面にわたり、様々な場面設定がなされ、受験者の言語能力の向上を重視した総合技能が要求されます。

対象

中国語を母国語にしない者で、自分の中国語能力を知りたい人、もしくは中国語を使用する地域でビジネスや学習をしたい人は誰でも試験に参加できます。

試験の紹介

「TLI-CPT」はTLI試験研究開発センターにより中国語を母国語としない人を対象として作られた標準テストで、生活やビジネスなど様々な場面におけるコミュニケーション能力や職場で与えられた任務を達成できるか等を総合的に評価します。
このテストはリスニング、リーディング、口述試験の3つの部分で構成され、試験の難易度により初級・中級・上級の3つに分かれ、更に各級は3つに細分化され、合計9つのレベルで評価されます。受験者は繁体字と簡体字のどちらかを選ぶことができます。

試験場所と日程

団体での 「TLI-CPT」は年に2回、4月と8月に行われます。TLIでは台北、台中、高雄の3校で受験可能で、国内外のTLIで申し込みを受け付けています。

個別試験
は不定期で個別に参加することができ、TLIの各分校で受け付けていますので、更に詳しい情報が知りたい場合は、「TLI-CPT試験研究開発センター」までご連絡ください。

研究開発センターの紹介

TLI-CPT試験研究開発センターは、アメリカのブラウン大学、スタンフォード大学、エール大学教授など、国内外の言語学者や、教育学、心理学、認知言語学専門家により構成された「TLI言語学顧問会」と、経験豊富なTLIの講師陣により構成されており、2001年には国内外に向けて正式に国際的な中国語標準テストの一つとして「TLI-CPT」を打ち出しました。また、TLI-CPT試験研究開発センターは、中国語能力試験の問題開発や、中国語能力試験の国内外での普及活動、第二言語学習者の言語能力向上などの役割も担っています。